電話を掛ける際の注意点

忙しい時間は避けよう

就活のときの電話は時間帯に気を付けるなどマナーが大切

就活の際、当然就職希望先にまず電話を入れるものですが、その時間帯には気を使うのがマナーです。その為には、希望先の仕事内容をあらかじめ大雑把でいいから把握できると良いです。例えば私は新聞配達店でバイトをしています。当然お昼過ぎは夕刊配達の準備になります。待っている間はまあいいのですが、夕刊を積載したトラックが到着した瞬間から店内は戦闘体制に入ります。そこに電話が入ることも時々ありますが、一刻も早く配達に出発できるよう全員必死なので、実に迷惑です。それでもなり続ける電話はとらなければいけません。まあ、事情がよく判らないのはある程度仕方ないですが、まず今電話は差し支えないか確かめ、受けた相手の返事や雰囲気から、「今はまずいな」と思ったら「申し訳ありません。改めてかけ直します。何時ごろがご都合良いでしょうか」と丁寧に謝れば、好印象になると思います。

メモを取るようにしよう

就活の電話対応マナーについて

就活をしておりますと、色々な実習の方を体験することができます。そのときに今回で一番やっておいた方が良いやり方があるのですが、これは当たり前のマナーなので十分にやってほしいことなのです。それはどういうことなのかと言いますと、会社では当たり前なのですが、電話をすることがあります。そのときに電話をかけるときに必ず筆記用具とメモの方を用意しないといけません。メモをなぜ用意するのかと言いますと、電話がかかってきたときどのような発言をしたのか聞き取れない可能性も出てくるのです。そのようなことが起きても大丈夫のように、メモを取って忘れないようにするのです。実際就活で言われる電話の内容というのは、非常に大切でして採用にもかかわってくる可能性があるので十分に注意して、電話対応の方をするように心がけるように、取り組んでほしいと思います。

騒がしい場所では掛けない

就活のときはマナーに気を付けて

誰しもが一度は経験するのが就活です。就活というのは、とても気を使うものでさまざまなマナーが存在しています。そのなかで、失敗しやすいのが電話です。就活の際には、企業に対して電話をかけるということが何度かあると思います。そのときの電話のかけ方で、相手からの印象というのはとても変わってくるのです。マナーを守って電話をかければ、好印象を与えることになりプラス材料となるのです。ですから、敬語の使い方などはもちろんのこと、電話をかける場所などにも注意をしておきましょう。電話をかける際には、騒がしい場所でかけてはいけません。繁華街で電話をかけて、周囲の音が相手に聞こえるというのは非常に失礼なことです。ですから、個室などのような静かな場所でかけるようにしましょう。そうしてマナーを守って電話をかければ、就職に成功しやすくなるのです。

ページの先頭へ

就活マナー基礎ガイド

  • 電話を掛ける際の注意点
  • メールを送る際の注意点
  • 送付状の注意点
  • エントリーシートの注意点
  • 会社説明会での注意点
  • 面接での注意点
  • ご意見ご感想はこちらへ

関連情報はこちら